株を考える:株入門者はまずは、ネット証券に申込みをして、株取...

入門者はまずは、ネット証券に申込みをして、取引ができるようにしなくてはなりません。
取引開始までのおおまかな手順としては、まずはネット証券に資料請求をします。
インターネットからネット証券会社のホームページにアクセスして、個人情報を入力して口座開設資料を送ってもらいます。

株入門−株の専門用語その11株投資でおぼえてほしい専門用語、次は『揉み合い』です。
この言葉はニュース番組の株式情報などで耳にしたことがあるかもしれません。
株価の変動が小さく、あまり大きく動かないことをいいます。
良く使われる例としては、『日経平均は1万8000円付近での揉み合いが続いています。
』などでしょうか。

口座開設に必要な書類が送られてきます。
だいたい3日から1週間ぐらいで送られてくると思います。
その書類には自分専用の口座にログインするためのIDとパスワードが記載されています。
IDとパスワードでログイン出来たら終了です。

株入門−株の専門用語その13株投資でおぼえてほしい専門用語、次は『堅調』です。
株価がしっかりした足取りで上昇基調にあることをいいます。
『株価は今日も堅調に推移しています。
』などと使われることが多いです

株について:株入門−株の専門用語その16株投資でおぼえてほし...

入門−の専門用語その16投資でおぼえてほしい専門用語、次は『織込み済み』です。
価が変動する要因としては、海外の式市場が変動した、企業業績が予想と違った、為替が変動した、企業の社内トラブルや、倫理問題などがあげられます。
このようなニュースが出ても、株価が動かないことを『織込み済み』といいます。
すでにその株価は影響を受けていると判断して株価が変動しないことをさします。
株式ニュースでよく使われる言葉ですので、おぼえておいて下さい。

株入門−株の専門用語その2株投資でおぼえてほしい専門用語、次は『高値』と『安値』です。
それぞれ『たかね』と『やすね』と読みます。
その日に成立した売買の中でもっとも高くついた値段を高値、もっとも安く付いた値段を安値といいます。
これら『始値』、『終値』、『高値』、『安値』は、まとめて『四本値』とよばれています。

株入門−株の専門用語その18株投資でおぼえてほしい専門用語、次は『整理ポスト』です。
上場廃止の基準に抵触している企業は、一旦『整理ポスト』へ移されます。
その後、企業側の努力で状況が改善されたことが確認されれば通常のポストに戻されます。
しかし、上場廃止の基準に抵触することが明らかになり、改善する姿勢も見られなければ上場廃止が決定し、整理ポストに移されて、上場廃止までの期間売買されます。

株?:株入門−株の専門用語その12株投資でおぼえてほしい専門...

入門−の専門用語その12投資でおぼえてほしい専門用語、次は『下げ渋る』です。
これもニュース番組の式情報などで耳にすることが多いと思います。
下げていた相場がそれ以上下がらなくなることを『下げ渋る』といいます。
下げていた相場が、特に良い材料はないのにも関わらず、株価が下げらなくなることをいいます。

株取引をするには、その自分専用の口座に株を買い付けるための代金を入金しておかなくてはいけません。
ここに自分の日常的な資金ではなく、余っている資金を入れておいて、その資金の範囲内で購入でき、且つ株価が上がる要素があるものを購入することになります。
ちなみに口座のお金がゼロになると、注文はできなくなります。

株入門−株の専門用語その13投資でおぼえてほしい専門用語、次は『堅調』です。
価がしっかりした足取りで上昇基調にあることをいいます。
価は今日も堅調に推移しています。
』などと使われることが多いです

入門者が最初に躓くのが、株の専門用語でしょう。
株式投資をはじめようと、いざ株式ニュースなどを見ても、この専門用語の意味がさっぱり分からないために、挫折した人を何人も知っています。
調べれば分かることなのですが、調べようとしない、これは非常にもったいないことです。
いくつか代表的な用語を紹介しますので、まずは株式ニュースが分かるように努力してみて下さい。

株入門−株の専門用語その15株投資でおぼえてほしい専門用語、次は『新高値』です。
上場してからのもっとも高かった値を上回り、新しく最高値となった値のことをいいます。
『上場来高値更新』とか、『年初来高値更新』などど使われることが多いです。

株?:株入門−株の専門用語その1まずおぼえておくべき株の専門...

入門−の専門用語その1まずおぼえておくべきの専門用語は『始値』と『終値』です。
それぞれ『はじめね』と『おわりね』と読みます。
その日の最初に売買が成立したときの値段を始値、その日の最後に付いた値段を終値といいます。

株入門−株の専門用語その17株投資でおぼえてほしい専門用語、次は『底堅い』です。
相場が下がりそうで下がらないときに使われる言葉です。
こちらも株式ニュースでよく使われる言葉ですので、おぼえておいて下さい。

株入門−株の専門用語その3株投資でおぼえてほしい専門用語、次は『ストップ高』と『ストップ安』です。
政治関係や国際関係などの大きな事象により、価が大きく上下してしまうことがあります。
そういうときのために株式市場では、1日に動いて良い最大限の値幅を決めています。
そうすることで株価の安定をはかることができます。

株入門−株の専門用語その19株投資でおぼえてほしい専門用語、次は『出来高』です。
証券取引所で、株や債券など取引され成立した、売買株数のことをいいます。
出来高が高いと、その市場の人気や勢いがあると判断されます。
また各銘柄は株価と密接な関係があり、相場が上がると、出来高も増える傾向があります。

株を考える:株入門−株の専門用語その21株投資でおぼえてほし...

入門−の専門用語その21投資でおぼえてほしい専門用語、次は『悪目買い』です。
これは価の状態が悪く、売り優勢の展開が強い状況を承知の上で買い注文をいれる事を言います。
売る要素しかない株をあえて買うことで、逆に儲けようとする手法のことをいいます。
これもよく聞かれる言葉です。

株入門−株の専門用語その5株投資でおぼえてほしい専門用語、次は『天井』、『底』です。
『天井』と『底』は価の変動を表す言葉となります。
ある価が高値をつけてから下げに転じるポイントを『天井』、ある価が安値から上昇に転じるポイントを『底』といいます。

株入門−株の専門用語その22株投資でおぼえてほしい専門用語、次は『一服』です。
これは大きく動きを見せていた相場が一時的に止まり、動かなくなるときに使われます。
相場はつねに動き続けているわけではありません。
相場はある程度動くと、どこかで小休止をすることがよくあります。

株とは:株入門者は株の専門用語をおぼえるだけで、一人前の投資...

入門者はの専門用語をおぼえるだけで、一人前の投資家気分を味わうことができます。
何ごとも分からなかったことが分かるようになるとおもしろいものです。
まずはの基本的な用語をおぼえて、株に対する苦手意識を払拭するようにしましょう。

株入門−株の専門用語その16株投資でおぼえてほしい専門用語、次は『織込み済み』です。
株価が変動する要因としては、海外の株式市場が変動した、企業業績が予想と違った、為替が変動した、企業の社内トラブルや、倫理問題などがあげられます。
このようなニュースが出ても、株価が動かないことを『織込み済み』といいます。
すでにその価は影響を受けていると判断して価が変動しないことをさします。
式ニュースでよく使われる言葉ですので、おぼえておいて下さい。

入門−の専門用語その2投資でおぼえてほしい専門用語、次は『高値』と『安値』です。
それぞれ『たかね』と『やすね』と読みます。
その日に成立した売買の中でもっとも高くついた値段を高値、もっとも安く付いた値段を安値といいます。
これら『始値』、『終値』、『高値』、『安値』は、まとめて『四本値』とよばれています。

株入門−株の専門用語その17株投資でおぼえてほしい専門用語、次は『底堅い』です。
相場が下がりそうで下がらないときに使われる言葉です。
こちらも株式ニュースでよく使われる言葉ですので、おぼえておいて下さい。

株を考える:株入門−株の専門用語その17株投資でおぼえてほし...

入門−の専門用語その17投資でおぼえてほしい専門用語、次は『底堅い』です。
相場が下がりそうで下がらないときに使われる言葉です。
こちらも株式ニュースでよく使われる言葉ですので、おぼえておいて下さい。

株入門−株の専門用語その3株投資でおぼえてほしい専門用語、次は『ストップ高』と『ストップ安』です。
政治関係や国際関係などの大きな事象により、株価が大きく上下してしまうことがあります。
そういうときのために式市場では、1日に動いて良い最大限の値幅を決めています。
そうすることで価の安定をはかることができます。

株入門−株の専門用語その19株投資でおぼえてほしい専門用語、次は『出来高』です。
証券取引所で、株や債券など取引され成立した、売買株数のことをいいます。
出来高が高いと、その市場の人気や勢いがあると判断されます。
また各銘柄は株価と密接な関係があり、相場が上がると、出来高も増える傾向があります。

株?:株入門者は株の専門用語をおぼえるだけで、一人前の投資家...

入門者はの専門用語をおぼえるだけで、一人前の投資家気分を味わうことができます。
何ごとも分からなかったことが分かるようになるとおもしろいものです。
まずは株の基本的な用語をおぼえて、株に対する苦手意識を払拭するようにしましょう。

株入門−株の専門用語その15株投資でおぼえてほしい専門用語、次は『新高値』です。
上場してからのもっとも高かった値を上回り、新しく最高値となった値のことをいいます。
『上場来高値更新』とか、『年初来高値更新』などど使われることが多いです。

入門−の専門用語その1まずおぼえておくべきの専門用語は『始値』と『終値』です。
それぞれ『はじめね』と『おわりね』と読みます。
その日の最初に売買が成立したときの値段を始値、その日の最後に付いた値段を終値といいます。

株入門−株の専門用語その17株投資でおぼえてほしい専門用語、次は『底堅い』です。
相場が下がりそうで下がらないときに使われる言葉です。
こちらも株式ニュースでよく使われる言葉ですので、おぼえておいて下さい。

株を考える:値幅いっぱいに株価が上がることを『ストップ高』、...

値幅いっぱいに価が上がることを『ストップ高』、値幅いっぱいまで下がることを『ストップ安』といいます。
この『ストップ高』、『ストップ安』は投資を始めることでよく耳にすることがあると思いますので、自然に身に付くようになると思います。

株入門−株の専門用語その20株投資でおぼえてほしい専門用語、次は『日経平均株価』です。
この『日経平均株価』は株に興味がない人でも、必ずニュースなどで耳にしている人が多いと思います。
市場全体の株価動きを把握するために、代表的な225銘柄の株価を元にして計算された株価指数のことをいいます。

ちなみに『ストップ高』と『ストップ安』の値幅制限はどのように定められているのでしょうか?値幅制限は急激な価の変動により投資家が不利益を受けないように定められたものです。
例えば価が100円未満のものは、値幅制限が上下30円と決められています。
100円以上200円未満は、値幅制限が上下50円と決められています。
200円以上500円未満は、値幅制限が上下80円となり、1000円以上1500円未満は値幅制限上下200円、1500円以上2000円未満は値幅制限が上下300円と定められています。

『日経平均株価』の株価指数算出の対象となる225銘柄は東京証券取引所第1部上場銘柄から流動性・業種などのバランスを考慮して選択しており、日経の名が付くとおり、日経新聞が計算しています。
225銘柄の株価を足して、225で割るのですが、それほど単純なものではないようです。

株を考える:株入門−株の専門用語その10株投資でおぼえてほし...

入門−の専門用語その10投資でおぼえてほしい専門用語、次は『戻り足』です。
一見、どのようなときに使われる言葉か分かりにくいと思いますが、『戻り足』は下落した価が再び上昇基調をたどる様子を言い、「戻り足が速い・遅い」というように使われることが多いです。

株入門者はまずは、ネット証券に申込みをして、株取引ができるようにしなくてはなりません。
取引開始までのおおまかな手順としては、まずはネット証券に資料請求をします。
インターネットからネット証券会社のホームページにアクセスして、個人情報を入力して口座開設資料を送ってもらいます。

株入門−株の専門用語その11株投資でおぼえてほしい専門用語、次は『揉み合い』です。
この言葉はニュース番組の式情報などで耳にしたことがあるかもしれません。
価の変動が小さく、あまり大きく動かないことをいいます。
良く使われる例としては、『日経平均は1万8000円付近での揉み合いが続いています。
』などでしょうか。

口座開設に必要な書類が送られてきます。
だいたい3日から1週間ぐらいで送られてくると思います。
その書類には自分専用の口座にログインするためのIDとパスワードが記載されています。
IDとパスワードでログイン出来たら終了です。

株入門−株の専門用語その13株投資でおぼえてほしい専門用語、次は『堅調』です。
株価がしっかりした足取りで上昇基調にあることをいいます。
『株価は今日も堅調に推移しています。
』などと使われることが多いです
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。